トロコイド曲線

トロコイド曲線とは、直線上を半径aの円が回転してころがるとき、回転する円の中心から距離bの点が描く軌跡のことをいう。

動円の半径をa、回転角を θ、描画点の半径をbとすると、トロコイド曲線の座標は以下の式で表される。

・x=aθ-bsinθ
・y=a-bcosθ

余擺線(よはいせん)ともよばれる。

a<bのとき、高コロイドとよび、1回の回転でx軸と2回交わる。

a=bのとき、サイクロイドとよび、1回の回転でx軸と1回接する。

a>bのとき、低コロイドとよび、x軸と交わらない。

サイクロイド曲線と同様に、外トロコイド(エピトロコイド)と内トロコイド(ハイポトロコイド)がある。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
歯車の分類と種類
歯車の分類歯車の種類効率(%)
平行軸円筒歯車98〜99.5
平歯車
はすば歯車
やまば歯車
内歯車
ラック
はすばラック
交差軸かさ歯車98〜99
マイタ歯車
すぐばかさ歯車
まがりばかさ歯車
ゼロールかさ歯車
食い違い軸ウォームギヤ30〜90
ねじ歯車70〜95
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。